美容治療

にきび跡に効く美容治療・2

ホームケアや、ピーリングなどでは、なかなか治らない、重度のにきび跡の治療には、専門的な機器の助けが必要です。

また、少しでも早く、にきび跡を無くしたい場合にも効果的です。

しかし、どうしても費用は高めになってしまいますので、よく主治医とも相談をして施術に臨みましょう。

・フラクショナルレーザー

現在は、フラクセル、フラクセル2、アフォームなど、さまざまな特長をもった亜種の機器が登場している、いわゆるポピュラーなレーザー治療です。

レーザー治療は、デコボコになってしまったにきび跡の治療に使われることが多く、皮膚の自己修復機能を利用した施術となります。

デコボコのある部分に、レーザーをあてて、皮膚に刺激を与えます。

そうすると皮膚は、怪我を負ったかのように錯覚し、いそいで刺激のあった部分を修復しようとします。

結果、コラーゲンの生成が活発になり、デコボコとへこんでしまった皮膚が、ふっくらと再生するのです。

従来のレーザー治療で、使用していた強力なレーザーは、その刺激の強さによるリスクがあり、長いダウンタイムが生じるデメリットがありました。

その為、レーザーを点状にし、ピンポイントに安全に、皮膚の再生を行えるフラクショナルレーザーは、画期的な機器であり、効果も人気も高いです。

しかし、かかる費用もとても高く、痛みもあるというデメリットがあるので、万人向けとは言えない側面があるのも、また事実なのです。

リプロスキン
公式はこちらから

・スキンヒールセラピー

スキンヒールセラピーは、非常に細い針のついたローラーを、皮膚に押し当てる施術です。

針の刺激により、レーザーのように皮膚の再生や、コラーゲンの生成を促すのです。

しかし、レーザーと違い、針での直接刺激ですので、痛みは大変強く、出血を伴うこともあります。

麻酔をしないと、とても耐えられない場合も少なくありません。

それでも、スキンヒールセラピーがにきび跡治療に選ばれるのは、レーザー治療に比べて、多少安価であること、また、針による刺激のおかげで、美容成分を塗布した際に、浸透しやすいというメリットがあるためです。

ですが、身体的負担は大きいので、この施術を選ぶ際には、主治医とよく相談をしましょう。

リプロスキン
公式はこちらから

・フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、顔全体に複数の波長の光をあてることで、皮膚の再生を促す施術です。

どちらかというと、赤みや色素沈着のあるにきび跡に効果的な施術で、デコボコしたにきび跡には、あまり効果が得られないようです。

しかし、レーザー治療や、スキンヒールセラピーのような、強い痛みは無く、治療時間が短いため、肌へのダメージや影響は、最小限で済むメリットがあります。

また、メラニンを減らすことに効果が高く、コラーゲンの生成や、肌を健康的でハリのある状態にするのに効果が高いのも魅力的です。

しかし、痛みが少ない分、一回の施術では変化がわかりにくく、回数を重ねることが必要となりますので、費用の負担が高くなってしまうデメリットもあります。

リプロスキン
公式はこちらから

このように、重度のにきび跡にも、いろいろと対応策はあります。

主治医と相談し、自分に合った方法で、健康な美肌を目指しましょう。

Copyright(c) 2013 リプロスキン特集. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com