美容治療

にきび跡に効く美容治療

残ってしまったにきび跡は、洗顔や食事といったホームケアで緩和するものも多いです。

しかし、自然治癒や、ホームケアではなかなか緩和しない、状態のひどいにきび跡は、美容外科や美容皮膚科などで、専門的な治療が必要になります。

・ケミカルピーリング

ケミカル(酸性の薬品)を使って、肌の表面を溶かし、角質を剥がす施術です。

古くなったり、硬くなって、こびりついている角質を剥がし、代謝を促すことで、にきび跡が消える効果があります。

また、毛穴のつまりや汚れを、除去する効果があるので、にきびそのものの治療になったり、にきびが出来にくくなる効果もあります。

また、ケミカルピーリングで角質が無くなり、肌表面が薄くなった分、薬剤などの浸透が通常より早くなります。

その為、 にきび跡に効果のある薬剤と一緒に使うと、より高い効果を得ることが出来ます。

そんなケミカルピーリングにも、デメリットがあります。

ケミカルピーリングを行って、肌表面の角質を剥がす際に、肌のバリア機能が低下してしまうことです。

その為、ピーリングを行って、新しい角質が出来るまでの間、肌は乾燥や紫外線といったダメージに弱くなり、影響を受けやすくなってしまうのです。

適切な対応をしていないと、かえって肌トラブルを招いてしまいますので、日焼け対策などを、きちんと行うことが大切です。

リプロスキン
公式はこちらから

・イオン導入

イオン導入とは、微弱な電流を皮膚に流すことで、ビタミンC誘導体などを、皮膚の奥まで浸透しやすくする施術です。

直接、肌に塗布したりする方法と比べると、浸透力が格段に上がりますので、ケミカルピーリングなどと組み合わせると、にきび跡のような肌トラブルに、大変効果的です。

注射のように針を使うことなく、体内に有効成分を入れることが出来るので、近年人気が高い施術で、エステだけでなく、自宅で使えるイオン導入機なども注目が集まっています。

リプロスキン
公式はこちらから

・ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は、デコボコしたにきび跡の治療に効果的で、近年、注目度の高い身近な美容成分です。

ヒアルロン酸注射は、ヒアルロン酸を、直接体内に注射する施術です。

肌がでこぼこになってしまうにきび跡が出来たら、そこにヒアルロン酸を注射すると、皮膚の内側からふっくらと肌に張りが戻り、デコボコ部分が目立たなくなるのです。

しかし、ヒアルロン酸が、肌を持ち上げてくれる力にも限度があり、あまりにもデコボコの状態が大きいと、あまり効果を感じられない方も居ます。

また、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分ですので、徐々に体内に吸収され、減少していきます。

その為、効果には限りがあり、効果を持続させるためには、定期的にヒアルロン酸を注射する必要があります。

安価ではないため、なかなか大変な治療とも言えます。

リプロスキン
公式はこちらから

これらの治療は、どちらかといえば手軽な部類に入ります。

そのため、この治療では、ほとんど効果を感じられない方が居るのも、事実です。

そういった方は、主治医と相談をして、さらなる治療へと進む必要があります。

Copyright(c) 2013 リプロスキン特集. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com