赤にきび

にきび跡の種類・赤みがかったにきび跡

にきびが原因で、皮膚に残る跡には、大きく分けて3パターンの形状があります。

そのひとつが、赤みが残った状態です。

これは、にきびの痛みや、じくじくした感触が無くなり、芯や膿が取れて、肌表面はほぼ平らになっているのに、赤みが消えていない状態で、見た目は普通の赤にきびとあまり変わりません。

その為、にきび跡だと気付かず、適切なケアをしていない人が、ほとんどです。

見分け方として、通常の赤にきびは、炎症の為に皮膚がふくらんでいます。

しかしにきび跡は、炎症によって引き起こされた、うっ血が原因で赤くみえていますので、皮膚にふくらみは無く、ぺたんこです。

この赤みを帯びたにきび跡は、すべてのにきび跡の中では、比較的、軽度なものに分類されます。

しかし、やはり適切なケアをしていないと、自然に治るのには長い年月がかかってしまいます。

何故なら、このにきび跡に紫外線があたると、色素沈着を起こし、更に治りにくいシミへと発展してしまうからです。

そのため、シミになって、長く跡が残らないようにするために、このにきび跡が出来たら、にきび跡のケアと同じように、UV対策をし、日焼けをしないように、気をつけないといけないのです。

しかし、普段から行っているにきびケアは、あくまでにきびに対応するケアですので、にきび跡に対しては、効果が弱いといえます。

もちろん赤みを帯びたタイプは、比較的軽度な跡ですので、自然治癒でも大丈夫です。

しかし、少しでも早く、綺麗な肌に戻りたいなら、肌の代謝を促してあげるケアから始めましょう。

肌の正常な新陳代謝が行われれば、約1ヶ月弱で、自然に古い角質や老廃物は除去され、新しい綺麗な細胞へと生まれ変わります。

跡の状態にもよりますが、その代謝を何度か繰り返していけば、どんどん新しい皮膚となり、にきび跡も薄くなり、消えていくのです。

この代謝リズムを速めてあげれば、その分だけ、薄くなっていくスピードがアップするのです。

その為におすすめなのが、ピーリングです。

ピーリングは、肌がもともと持っている力を、手助けすることにより、傷んだ肌を元の状態に戻してあげる事です。

現在、ピーリングには、適したコスメが多く販売されているので、自分の肌に合ったピーリングコスメを使い、正しい代謝を促進してあげれば、赤みを帯びたにきび跡は十分改善されます。

また、不規則な生活は、代謝の大敵ですので、睡眠や食事などは、規則正しく摂るように心がけましょう。

リプロスキン
公式はこちらから
Copyright(c) 2013 リプロスキン特集. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com