色素沈着

にきび跡の種類・色素沈着したにきび跡

にきびが原因で、皮膚に残る跡には、大きく分けて3パターンの形状があります。

そのふたつめが、色素沈着をおこしたにきび跡です。

にきびが発生すると、その炎症から自分自身を守ろうと、皮膚はメラニンを生成します。

メラニン本来の役割は、肌を外部の刺激から守る事であり、にきびの炎症も、それに含まれるのです。

しかし、にきびが完治した後にも、メラニンがうまく代謝されないでいると、色素沈着を起こしてしまいます。

しみが出来るのと、同じメカニズムですので、メラニンを少しずつでも代謝で消していければ、綺麗に回復することが出来る可能性がありますが、皮膚へのダメージが大きい、重度の場合は、レーザー治療でも完治できない場合がある、厄介なタイプです。

また、メラニンが原因の茶色っぽい色素沈着のほかに、紫色っぽい色素沈着が起きることがあります。

これは、にきびによる炎症が原因で、毛穴の毛細血管が破れ、内部で出血をした状態で、その血が内部で固まっています。

紫色の色素沈着は、赤みを帯びたにきび跡と同じく、正しい代謝を繰り返すこと、またピーリングコスメなどで、代謝を手助けしてあげることで、時間をかければ早く改善します。

さて、茶色く残ってしまった色素沈着も、基本は紫色のものと同じく、正しい代謝が一番の対策となります。

見た目ではなかなかわかりませんが、肌のごく浅い部分に、しみのように出来ているだけなら、代謝によって、少しずつ新しい細胞へと変化していく過程で、綺麗になっていくのです。

同時に、新しいメラニンを生成しないためにも、UV対策をして、日焼けをしないように、気を付けることも大切です。

また、ビタミンCには、色素沈着を薄くする働きがあります。

そのため、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使ったり、ビタミンCのサプリなどを摂取することもおすすめです。

また、ほかのにきび跡と同じように、ピーリングコスメでピーリングをし、その肌にビタミンCを配合した化粧品でケアをすると、よりビタミンCを吸収しやすくなります。

しかし、そういた対策をしても、あまり変化が無い場合は、濃く色素沈着してしまった重度な場合といえますので、早めにクリニックで治療を受けましょう。

レーザーや、医療機器でのピーリング、また、肌を白く綺麗にする塗り薬、コラーゲンやビタミンCの内服など、状態に応じて対策を講じ、治療してくれますので、効果は高いといえます。

リプロスキン
公式はこちらから
Copyright(c) 2013 リプロスキン特集. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com