食べ物

にきび跡に効く食べ物

にきびが出来る原因のひとつに、食生活の乱れがあります。

現代は、高カロリーな食べ物があふれており、それを摂り続けることで、皮脂の分泌量が増え、にきびが出来てしまうのです。

これは、にきび跡にも同じことが言え、食生活の乱れが肌を弱らせ、肌トラブルを誘発していますので、肌トラブルを改善したいなら、きちんと3食で必要な栄養素を万遍なく摂取することが大切なのです。

特に、好き嫌いが多く偏食気味な方や、油が多めの食事を好んで食べる方は、健康にも悪影響がありますので、野菜を増やしたり、油分を控えるなど、出来ることから始めていきましょう。

また、にきび跡の改善に効果的な成分は、食事から積極的にとることも可能です。

まず、にきび跡に効く食べ物には、ビタミンCを含む食べ物が挙げられます。

ビタミンCには、生成されたメラニンを薄くする効果や、生成の抑制効果もありますので、色素沈着タイプのにきび跡に、特に有効です。

人参、春菊、ネギ、アボガド、キャベツ、ピーマン、カリフラワー、ブロッコリー、レンコン、ジャガイモなどの野菜や、イチゴ、レモン、グレープフルーツといった果物に多く含まれます。

しかし、ビタミンCは熱に弱く、壊れやすいという欠点がありますので、一番効果的なのは、生で食べられる果物といえます。

また、旬の食材であれば、それだけで栄養価は高いので、旬のものをなるべく摂るようにしましょう。

次に、ビタミンBもしっかり摂ることがおすすめです。

卵やしいたけ、ほうれん草に多く含まれており、皮膚の代謝や健康を助ける効果があります。

併せて、デコボコしたくぼみのにきび跡に、コラーゲンを含む食材が効果を発揮します。

コラーゲンは、フカヒレ、ゼラチン、豚足、手羽先、鶏の皮、豚バラ肉、牛スジ肉、ウナギ、カレイなどに多く含まれますが、こまめに摂取するのは難しい食材もありますので、ビタミンに比べると摂取が難しいかもしれません。

ゼラチンは比較的摂取しやすいですが、ゼラチンを含むゼリーなどは、糖分の多いものがほとんどですので、摂り過ぎには注意しましょう。

にきび跡が、食べ物だけで治るということは、ほぼ不可能です。

しかし、食生活を気を付けていれば、治るまでにかかる時間が軽減されたり、治療の効果が早く結果としてあらわれる可能性が、ぐんと高まります。

食事は、毎日のことですので、ストレスをためないよう気をつけながら、規則正しくを心がけていきましょう。

リプロスキン
公式はこちらから
Copyright(c) 2013 リプロスキン特集. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com